制作事例

インターンシップを実施するメリットと注意すべきポイントを解説

シェア:

近年はインターンシップを開催する企業が増えてきました。 学生視点では早い段階から企業の雰囲気を確かめることができ、ミスマッチの少ない就職を行えるのでメリットが分かりやすいですが、企業視点ではどのようなメリットがあるのか分かりにくいです。 そこで今回は、インターンシップを実施するメリットや導入する際のポイントなど詳しく解説します。 インターンシップの導入を検討している方はぜひ参考にしてください。

インターンシップとは

インターンシップとは、学生に向けて企業が職業体験の機会を提供する制度です。 ただし、厳密な定義は決まっていないため企業によって期間や形態が異なる点に注意が必要でしょう。 一般的には、「短期インターンシップ」と呼ばれる2,3日からなるインターンシップ制度や、「長期インターンシップ」と呼ばれる数か月にわたってインターンシップをする制度があります。 もしインターンシップを導入する場合は、どちらの方が自社にとって恩恵があるか検討し、適切な選択をすることが大切です。

企業がインターンシップを実施するメリット

企業がインターンシップを実施するメリットはいくつかあります。 まず1つ目は新卒採用をスムーズに行えることです。 インターンシップを実施することで優秀な学生を見極めることができます。 実際に業務を手伝ってもらうことで、その人のスキルや能力を身近に感じることができ、人柄まで見れるので効率よく人材を集めることが可能です。 また、入社後のミスマッチを防ぐ点でも期待できるでしょう。 職場の雰囲気から業務内容、人間関係などを学生の時から見ることで、本当に自分に適しているのか判断することができます。 2つ目は他社よりも早い段階で自社の魅力を伝えることができることです。 特に1Dayインターンシップなどは、スケジュール調整がしやすく学生視点でも参加がしやすいため、自社に興味を持っている学生を多く集めることができます。 企業説明やワークショップを通じて優秀な学生を探すだけでなく、自社の魅力や詳細を伝えることができるため、一歩リードした採用活動を行えるでしょう。 3つ目のメリットは学生を育成できることです。 長期インターンシップの場合、3か月の期間を設けることが多く、長い時間をかけてインターンシップに参加している学生を育成することができます。 優秀な学生を早い段階で確保し、さらにスキルや知識の育成を行えると考えればかなりのメリットです。 また、細かい作業を手伝ってもらうことで本来集中したい事業に人を回すこともできる点は企業にとってメリットとなるでしょう。

企業がインターンシップを実施する時に注意するポイント

数多くのメリットがある一方で、インターンシップを実施するデメリットも存在します。 まず1つ目はコスト負担が大きいことです。 長期インターンシップの場合、アルバイトと同じように給与を支給します。 新しく社員を採用するよりはコストを抑えることができますが、教育の必要などさまざまな面を考慮するとコスト負担は大きいでしょう。 2つ目はセキュリティ対策が求められることです。 学生に対して機密情報を扱わせる機会は少ないと思いますが、スキルが身に付いてきて新たな仕事を任せることもあるでしょう。 社員と異なり学生はアルバイトと同じような意識でインターンシップに臨むことが多いです。 情報管理や機密情報へのアクセス管理など、セキュリティ対策を徹底することが求められます。

インターンシップの受け入れ準備のコツ

インターンシップを実施するとなった際、受け入れの準備を行います。 実際に学生を採用し、「どの業務を行ってもらうのか」「どんなプログラムで教育を進めるのか」を検討しましょう。 この時、企業にとってどんなメリットがあるのか重視することで、得られる成果が決まります。 また、インターンシップで実施するプログラムによって企業の印象が変化します。 学生が何を求めているのか詳細に分析し、ニーズを満たしたプログラムを準備しましょう。

インターンシップを採用に繋げる工夫

インターンシップを行うことで自社の魅力を伝えることはもちろんですが、学生が何を不安に感じているのか把握し、その悩みを解消することで採用に繋げることができます。 「働きやすい環境かどうか」「スピード感は学生に合っているのか」「業務の進行に問題はないか」など、細かくヒアリングすることで、企業への信頼度・興味関心を高めることが可能です。 加えて、仕事のやりがいを感じられる機会を作り、モチベーションを向上させる工夫を行っていくことが重要になります。

インターンシップによりミスマッチの少ない人材採用を実現できる

この記事では、インターンシップを実施するメリットや導入する時に注意すべきポイントを解説しました。 学生の内から企業の雰囲気に慣れてもらえる点や、求めている人材に出会える点など、さまざまなメリットがあるインターンシップですが、受け入れ準備やカリキュラムの用意など負担も大きいです。 実施する場合はコストや担当者の設置など、環境を整えることが必要でしょう。 しかし、新卒採用の効率化やミスマッチの可能性を減らすなど数多くのメリットがあるので、気になっている企業は1度導入することをおすすめします。 【関連記事】

WRITTEN BY

ice

関連の投稿

View More
2022.05.18

SAPコンサルタントとは?将来性や転職、フリーランスとして独立、導入コンサルも可能?

SAPというシステムをご存知でしょうか。 非常に有名なソフトで、多くの企業で導入...
2022.05.16

フィールドエンジニアとはどんな職業?仕事内容から「きつい」といわれる理由まで解説

IT業界は、非常に人気の業界ですし、未経験から転職を考えている人も多いのではないで...
2022.05.15

MSP(サービスマネジメントプロバイダ)とは?契約するメリットと活用事例

システムの運用には、とにかくコストがかかります。 正常に稼働しているか監視した...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください