制作事例

ダイバーシティマネジメントとは?導入事例からメリットをご紹介

シェア:

最近よく耳にする「ダイバーシティマネジメント」ですが、実際はどのようなものか良く知らない方も多いでしょう。 ダイバーシティマネジメントとは、「ダイバーシティ(多様性)」と「マネジメント(管理)」の2つの言葉を組み合わせたものです。 つまり、さまざまな手法や考え方を活用して組織を強化することを意味します。 この記事では、ダイバーシティマネジメントとは何か概要から取り入れるメリットなどを詳しく解説します。 興味のある方はぜひご覧ください。

ダイバーシティマネジメントとは

ダイバーシティマネジメントとは、学術用語の「ダイバーシティ(多様性)」からきており、ビジネスの場面では「従業員の多様性や勤務条件の多様性」といった意味で使われています。 グローバル化が進む中で、従業員の多様性も広がってきており、それぞれに合った文化や考え方を受け入れることが、組織を強化する上で重要です。 特に日本では女性の社会進出に課題があり、この問題を克服しようとした動きが強まっています。 例えば、女性が働きやすいよう気軽に育休や産休を取れる職場環境を整えたり、「生理休暇」といった女性が快適に働きやすい制度を整えたりと、女性の社会進出を後押しする制度が増えています。 この他に、ハンディキャップを背負っている方や高齢者、外国人労働者など、さまざまな人々が同じ職場で働けるようにすることも「ダイバーシティマネジメント」です。

ダイバーシティマネジメントが注目された背景

ダイバーシティマネジメントが注目された背景として、社会状況が大きく変化していることが挙げられます。 日本の社会は昔から「健康」な「男性」を前提条件として構成されていました。 管理職に就くのも男性であることが当たり前、といった風潮があり一定条件を満たした人しか社会進出することが難しかったです。 しかし、少子高齢化により労働者の減少、女性の社会進出機運が高まってきたことや、IT技術の進歩でグローバル化が進んだことなど、多様性を受け入れる必要が出てきました。 このような背景から、企業の在り方が見直されつつあり、ダイバーシティマネジメントの考え方を取り入れる企業が増加しています。

ダイバーシティマネジメントを導入するメリットとは

ダイバーシティマネジメントを導入することでいくつかメリットがあります。 どのようなメリットがあるか以下で解説するので参考にしてください。

創造力の強化をすることができる

まず1つ目は「創造力の強化」ができることです。 ダイバーシティマネジメントを取り入れることで、多種多様な人材を企業に集めることができます。 多様性のある人材を獲得すると言うことは、さまざまな角度から意見やアイデアを集めることができ、自社内だけでは生まれなかった新たなイノベーションを作ることが可能になります。 外国人を採用することで、国内のニーズだけでなく海外のニーズを分析することができるため、海外ビジネスを検討することも期待できるでしょう。

人材の確保がしやすくなる

2つ目は「人材を確保しやすくなる」ことです。 多様性を受け入れることは、採用できる人材に幅が生まれます。 例えば、外国人の採用を始めることで社内の海外事業を強化することや、特定の能力が高い発達障害の人たちを採用することで、今まで気づけなかった視点を取り入れるケースなどさまざまです。 ダイバーシティマネジメントを取り入れることで、組織強化の可能性を見出すことができるでしょう。

企業評価が向上する

3つ目は「企業評価が向上」することです。 従業員からしたら、自分達の多様性を受け入れてもらうことは、企業への信頼や仕事へのモチベーションに繋がります。 また、ダイバーシティに対して意識が高いことは、社外の人間に対して良い印象を与えることが多いです。 その他に、企業のブランディングや商品の印象などいくつかの面でプラスの効果を期待できます。 これからの社会に対応していくなら、ダイバーシティマネジメントを取り入れていくことをおすすめします。

ダイバーシティマネジメントの導入事例

大手コンビニチェーン店である「ローソン」では、ダイバーシティマネジメントの一環として女性社員の活躍を後押しする制度を設けています。 ローソンでは育児休職を積極的に進めるだけでなく、男性でも女性でも育児休職を取りやすくするため、国の制度とは別に5日の休みを取り入れました。 育児休職のハードルを下げることで、女性だけが育児をするといった負担を減らし、女性の職場復帰の可能性を高めるようにしています。 男性の育児休職に対する抵抗感を減らし、女性の社会進出に向けて考え方の改革を進めている点はダイバーシティマネジメントの事例として挙げられます。

企業全体でダイバーシティマネジメントに取り組むべき

この記事では、ダイバーシティマネジメントとは何か概要からメリットまで解説しました。 グローバル化が進んでいる現在の日本社会では、ダイバーシティマネジメントの考え方が重要になってきます。 1つの手法に捉われない柔軟なビジネスを行うことで、社会の変化に対応したサービスを提供することができるでしょう。 この記事を読んで少しでも興味が出た方は、自社でダイバーシティマネジメントを少しずつ取り入れていくことをおすすめします。

【関連記事】

 

シェア:

WRITTEN BY

ice

関連の投稿

View More
2022.05.18

SAPコンサルタントとは?将来性や転職、フリーランスとして独立、導入コンサルも可能?

SAPというシステムをご存知でしょうか。 非常に有名なソフトで、多くの企業で導入...
2022.05.16

フィールドエンジニアとはどんな職業?仕事内容から「きつい」といわれる理由まで解説

IT業界は、非常に人気の業界ですし、未経験から転職を考えている人も多いのではないで...
2022.05.15

MSP(サービスマネジメントプロバイダ)とは?契約するメリットと活用事例

システムの運用には、とにかくコストがかかります。 正常に稼働しているか監視した...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください