制作事例

従業員サーベイを実施する際のポイントとは?

シェア:
  • share facebook
  • share twitter

事業を進める上で、従業員の満足度を把握することはとても重要です。 しかし、自社の従業員が企業に対して、どの程度の満足度を感じながら仕事を行っているのか、分からない場合が多いと思います。 そこで役に立つのが従業員サーベイです。 この記事では、従業員サーベイの概要から活用する際のポイントなど詳しく解説します。 興味のある方は、実施方法を知り自社で導入してみましょう。

従業員サーベイとは

従業員サーベイとは、従業員が企業に対して、どのくらいの満足度を感じているか、愛着があるかを調査することを指します。 アンケートで集計したデータは、企業と従業員との関係性を改善するために使用するのが特徴です。 調査内容は業務に関することが多く、「業務に関して何か悩みはあるか」「企業に対して不満はあるか」など、従業員の満足度を明らかにする質問をします。 従業員サーベイによって判明した課題を抽出し、可視化したうえで改善策を実施するのが一連の流れです。

従業員サーベイが広まった背景

従業員サーベイが広まった背景には、組織として他社と戦っていく必要があるといった認識が増えたからです。 商品を販売し売り上げを出すことが組織としての務めですが、まず顧客の満足度を上げる前に、自社の従業員の満足度を高めることが必要と考えられるようになりました。 各個人の能力を高めることも必要ですが、根本として企業に対する信頼や満足度を高めることが、従業員のパフォーマンスアップに繋がると判断し、改善策として従業員サーベイの導入が増えています。 従業員が「自社のために成果を出したい・貢献したい」といった意識を持つことで、企業全体に好循環が生まれます。 このような背景から、さまざまな企業で導入されており、従業員サーベイに注目が集まっているのです。

従業員サーベイを実施する時のポイント

従業員サーベイを活用して課題を見つけるためには、従業員の本音・率直な意見を知ることがとても重要です。 そのため、従業員がアンケートに答えやすいよう個人が特定されないような配慮が必要になります。 例えば、匿名でアンケートに回答できる、アンケートの活用先を明示するなど、従業員が安心して答えられるようにしましょう。 また、アンケートに対応する期間や時間への配慮も大切です。 従業員の働く環境を良くするためのアンケートで、回答する負担を増やしてしまうのは本末転倒でしょう。 ゆっくり考える調査内容なら回答期間に余裕を持たす、簡単な調査なら時間を設けて回答してもらうなど、従業員のことを考えた実施方法を検討することが必要です。

従業員サーベイではフィードバックが重要

従業員サーベイを実施して、現在企業が抱えている課題点を明らかにすることができます。 この時、調査で明らかになった課題を言語化・可視化して従業員にフィードバックすることが重要です。 従業員視点では、自分の回答により企業がどのような対応をしてくれるのか気になると思います。 しっかりフィードバックとして調査結果を還元することで、従業員は企業に対して信頼を置くようになるでしょう。

従業員サーベイの調査対象

従業員サーベイは、幅広い意味を持った言葉です。 そのため、目的に合わせたさまざまな従業員サーベイが存在します。

エンゲージメントサーベイ

1つ目はエンゲージメントサーベイです。 エンゲージメントサーベイは、企業や組織に対しての愛着度や信頼度を測るための調査となっています。 エンゲージメントサーベイを実施する際のポイントとして、「従業員の課題をある程度把握した状態で行う」ことがあります。 この調査は従業員の直接的な待遇を改善するだけのものではなく、信頼関係の強化を主軸にしているため、従業員に対してより細かい配慮が必要です。 従業員とのコミュニケーションを重視し、どんな施策が有効か検討して対応するようにしましょう。 また、一時的な調査にしないことが大切です。 企業や従業員を取り巻く環境は常に変化しています。 数か月前の調査で明らかになった課題は、現時点で変わっている可能性があり、継続的な調査を行うことが必要です。 単なる待遇の改善では解決しない課題もあります。 各従業員とコミュニケーションをとって、価値観の変化に気づけるような配慮をすることが重要でしょう。

モラールサーベイ

2つ目はモラールサーベイで、従業員の満足度を調査することを指します。 従業員に対して「福利厚生」や「給与システム」「休暇」や「勤務条件」などを調査し、企業に対しての満足度を測定します。 モラールサーベイで明らかになった課題は多くの従業員にも当てはまることが多く、優先的に改善すべき課題を見つけて、対策案を実施する動きが大切です。

従業員サーベイの活用で従業員の業績向上を目指す

この記事では、従業員サーベイの概要や活用ポイントをご紹介しました。 従業員のエンゲージメントを向上させることができ、業績に好影響を与えてくれる従業員サーベイは、これからの企業運営で必要なものです。 まだ導入していない企業は、試しに1度従業員サーベイを実施してみることで、自社で抱えていた課題を解決できるかもしれません。 ぜひ積極的に取り入れていきましょう。

【関連記事】

 

WRITTEN BY

ice

関連の投稿

View More
新しい開発ツール「Power Apps」とは?Power Appsで開発できるアプリと実例を解説
2022.07.31

新しい開発ツール「Power Apps」とは?Power Appsで開発できるアプリと実例を解説

Microsoftが提供する新たな開発ツール「Power Apps」。社内ニーズに即座に応える...
Microsoft Teamsの拡張機能、カスタムアプリケーションを開発して業務効率を向上させよう
2022.07.31

Microsoft Teamsの拡張機能、カスタムアプリケーションを開発して業務効率を向上させよう

Microsoftが提供するビジネスアプリケーションであるMicrosoft Teams。ビジネスチ...
GRCツールとは?目的と機能、主要なGRCツールを解説します
2022.07.31

GRCツールとは?目的と機能、主要なGRCツールを解説します

欧州を中心とした、法改正による企業コンプライアンスの強化や、世界中で猛威をふるう...

Q&A

よくある質問

契約、開発体制、成果物などに関してよくある質問をまとめて回答します。

Contact.

お問い合わせ

案件のご相談、パートナーの協業、取材の依頼など気軽にお問い合わせください