AMELAジャパン株式会社

WORKS

  • TOP
  • WORKS LIST
  • 【飲食業DX】QRコードの店内飲食注文アプリ構築

【飲食業DX】QRコードの店内飲食注文アプリ構築

スマホアプリ開発

飲食業界におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)は、効率化、顧客体験の向上、経営の透明性の向上など、多くのメリットをもたらします。その一環として、QRコードを使用した店内飲食注文アプリの構築は重要な役割を果たしています。以下に、このアプリ構築の実績を紹介します。

飲食業界の課題

飲食業界は、人手不足、注文処理の遅延、誤注文の発生、顧客体験の不一致など、多くの課題に直面しています。これらの課題は、業務効率の低下や顧客満足度の低下に直結し、経営に影響を及ぼす可能性があります。

アプリの概要

当社が開発した店内飲食注文アプリは、これらの課題に対応するために設計されました。顧客はテーブル上のQRコードをスキャンすることで、直接スマートフォンからメニューを閲覧し、注文を行うことができます。このプロセスは、注文の正確性を向上させ、サービスの迅速化を実現します。

機能一覧

QRコードによる注文: テーブル上のQRコードをスキャンして注文。
リアルタイムメニュー更新: 在庫状況に応じたメニューのリアルタイム更新。
注文履歴の管理: 注文履歴の確認と管理。
お支払いリクエスト: レジでの支払い。伝票の自動印刷ができる。
顧客フィードバック機能: 顧客からのフィードバック収集。

当社担当スコープ

当社は、アプリの企画、設計、開発からデプロイメントまでを一貫して担当しました。また、アプリの運用とメンテナンスもサポートしており、顧客からのフィードバックに基づいたアップデートを定期的に行っています。

成果

このアプリ導入により、注文処理時間が平均で50%短縮され、誤注文率は大幅に減少しました。また、顧客体験の向上により、リピーター率の増加が見られます。さらに、運用コストの削減やデータに基づく戦略的な意思決定が可能になるなど、経営面でも大きなメリットが得られています。

以上が、当社が構築したQRコードの店内飲食注文アプリの概要とその成果です。このアプリは、飲食業界のDXを推進し、顧客と事業者双方に利益をもたらす革新的なソリューションとして位置づけられています。